スポンサーリンク

「かっぽ飲み」の見方

「かっぽ飲み」のサイト内での見方や
その他、飲む際の知りたい情報などをまとめています。

また追加で質問や疑問点などありましたら
「呑兵衛コメント欄」までよろしくお願いします!

スポンサーリンク

カンタン評価

【店のテンション】【価格帯】【雰囲気】の三項目のパラメーターを使用し、
「皆さんがひと目見てお店の事をなんとなく感じられるように」、と作りました!

とはいえ、曖昧なパラメータではあるので、
ここでより詳しく評価の具体的な補足をしておきたいと思います。

どちらが劣っている、というわけではなく
人それぞれの好みに合う方を選んでいただければと思います。

【店のテンション】

この項目に関わってくる部分としては、
<お客さんの活気><店員さんの明るさ><店内のうるささ>などです。
主に人に関わる箇所になってきます。

100:0

THE大衆酒場という雰囲気です。
店はお客さんで賑わっていて、店員さんの厨房への声も聞こえるほどの店です。
立ち飲み屋で常連が賑わっていたり、若者グループがわいわい盛り上がっている店内です。

50:50

基本的に50:50は、どんなお客さんでも入りやすい店内になります。
中立な雰囲気なので、特徴がないというのもポイントです。
イメージは子供連れでも入りやすいところでしょうか。

0:100

しっぽりは、バーのような雰囲気の場合です。
お客さんの話し声も、別のお客さんに届かないほどの静かな店内。
店員さんも最低限の会話しかせず、基本は物静かな接客になります。

【価格帯】

値段の高い安いは人それぞれ違うので、ここで定義しておく必要があります。

感覚としては僕たち社会人4,5年目の共働き夫婦の感覚で決定します。
料理や飲物の値段を具体的に示した上で、なんとなくでも掴んでもらえればと思います。

100:0

ビールやハイボールが100円台のイメージです。
なかなか無いですが、大学生が値段だけで選んだり安酒すきのお酒飲みが好む店になります。
また料理は、値段に比べて量が多い、など質より量の場合などもここに入ります。
普通に飲み食いして、一人2000円程度がここになります。(それ以上安い店って何、、)

50:50

ドリンクの値段が平均して500円ほどの店になります。
料理もそこまで値段をみて注文しなくなってきた大人が頼む料理のイメージです。
普通に飲み食いして、一人4000円程度が中間になります。

0:100

ドリンクが900円~しかないような店になります。
特別な日にしか行かないような値段です。浦和では寿司屋がそこにはいるでしょうか。
普通に飲み食いして、一人10000円以上という処です。

【雰囲気】

雰囲気は【店のテンション】とも連動することが多いですが、
主にインテリアや店内のまとう雰囲気になります。

100:0

哀愁漂う懐かしい雰囲気だったり、少し汚れた街の居酒屋のような雰囲気。
アットホームな店内は気兼ねなく来店できる店です。

50:50

カジュアルで清潔感のある、ニュートラルな空間です。
どちらの特徴とも遠いので、少し味気ない部分もあると思います。

0:100

敷居が高い、オシャレをして行きたい、そんな綺麗なお店の雰囲気です。
レストランやバーなど、非日常が漂う空間がここに当たります。

【見出し】の種類

大きく以下のジャンルに分けてお店を紹介します。
【店内】【客層】【店員】【飲食】【会計】【まとめ】

店によって特徴的な部分や伝えたい箇所をピックアップして見出しにするので、
店ごとにあったりなかったりします。

【店内】

店内の雰囲気や、席数、特徴的な席やテラスがあった場合に記載します。
店内の写真は、初めて入る人にとっての一歩の大きなお手伝いになると思うので、
積極的に載せて行きたいと思います。

【客層】

主にお客さんの雰囲気が普通とは違う場合に、書こうと思います。
常連さんで賑わっていたり、隣のお客さんが気さくに話しかけてくれたり、
はたまたカップルばかり、親子連れもいる、などです。

【店員】

名物店主や、気さくに話しかけてくれる店員さんなどがいたら積極的に紹介します。
行く時々で働いていたりいなかったりすると思うので、
そこは巡り合わせをのんびり楽しんでほしいと思います!

【飲食】

主にここがメインの見出しになるかと思います。
料理とドリンクについて紹介します。

写真の下には料理名と値段を記しますが、税込税抜や価格変更などあると思うので、
間違っていたり変更されていた場合、「飲兵衛コメント欄」に報告お願いします!

【会計】

こちらも特殊なお会計方法だったり、初めてだと分かりづらい、間違えやすいような
お会計システムの場合に紹介したいと思います。

【まとめ】

こちらには、【最終的なまとめ】【お店概要】【簡単料金チェック表】【メニュー】
をまとめています。
こちらの詳細は次の章で!

お店概要

こちらは表記方法の統一も兼ねています。
細かな説明もあります。

店名かっぽ飲み(かっぽのみ)
定休日なし
or
月曜日
営業時間[月〜金]  17:00~0:00
[土/日/祝] 15:00~4:00
※24時間表記
アクセスJR浦和駅より、徒歩約0分
浦和駅から0m
住所※Google Map
電話番号000-0000-0000
予約ホットペッパーで予約する
食べログで予約する
PayPayグルメで予約する
タバコ全席OK
or
全席NG(喫煙ルーム有)
or
分煙
支払い方法現金
クレカ ※クレジットカード(ブランド詳細は書きません)
電子マネー ※Suica/ID/QuicPay等(全てに対応しているとは限りません)
QRコード ※PayPay/楽天Pay/LINEPay等(全てに対応しているとは限りません)

※大まかな支払い方法しか書かないのは導入の変更が激しいからです。
 なのでブランドなどはあえて控えさせてもらいます。
ホームページなし
or
公式HP
※ホットペッパーグルメや食べログは含まれません。
2023/06 更新

かんたん料金チェック表

とりあえずこれ見たら価格帯がわかる!という商品を抜粋しています!
よく飲みに行く人は、ビールの値段でその店の大体の価格帯がわかるかと思います。
商品のサイズにもよるので、大まかな判断材料にしてもらえればと思います。

かんたん料金チェック!
商品値段
生中400円
ハイボール400円
チューハイ450円
冷奴350円
フライドポテト450円
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かっぽ飲み